物語のなかをぐるぐる廻る

すきなものをならべていく

すき

スポンサーリンク

f:id:le_beaujapon:20140817232220j:plain

「すき」ってやつと、「のこしておく」ってことはすごいなぁと思っています。高校生の途中から大学の途中までは、5年間くらい、日記のブログを書いていて、もー誰も知らなくてもいいぼやきとか悩みから、なんだかきらっきらしたうれしさとかまで残っていて。その場所に、日記と並行して書きためていたのがレビューでした。


レビューって言っても、誰かの参考になるようなものでは全然なくて、でも、読み返すと自分がそれを「すきだったか」ってことは結構リアルによみがえったりして、今まで触れてきたものを掘り起こさないといけなかった就職活動のときとか、すごく貴重な資料でした。


Twitterが登場してから、わたしはそっちが大好きになって、だんだんブログは書かなくなってしまったのだけれど、ひとつだけ後悔していたのが、読んだもの、見たものを記録しなくなったことでした。何もないと、意外と思い出せない。読んだかどうかも定かじゃないものもあったりして、そういうもの、少しずつでもいいから置いておきたいなと思って、もういちど文章を書く場所を探してここに来ました。


今の仕事についてから一番楽になったのはすきですきで仕方がないものたちについて、「すき」って言ってもおかしくないところに自分の中で来れたってことで(本来はもとから全然おかしくないんですけどね)、ありとあらゆる面から自分のためですが、それで、ちょっとだけ本や漫画に新たな出会いがあったらいいなあ。ランキングじゃ面白いものにはなかなか出会えないから。昔、「そういえばブログに書いてた本、読んでるよ。○○が読んでるの、好きなのが多いから」って趣味が合う女の子に言われたときのうれしさ。「わたしも!」ってひとと出会いたい。ときめきは超大事。


基本、ネタバレはしないように気をつけています。が、合わないなって人は、ぜひタイトルだけチラ見とかで…。

広告を非表示にする