読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語のなかをぐるぐる廻る

すきなものをならべていく

2014年8月に夏の思い出になったこと

8月が終わりました。
9月になったことの信じられなさ!!
やっぱり夏だけは終わってゆくものだなあ。
8月は、マーニー展など以外にもいくつかイベントに行ったので、忘れないうちに書いておく。
 

8/9 サンドウィッチマンライブツアー2014

紀伊国屋サザンシアターにて、第1回目へ。今年は抽選が当たった!!

一番最初のコント『エステ』が一番すきだった。ネタに入る前に拍手が鳴り止まなくて始められなくて、また袖に戻って出てきて同じことを繰り返す、っていうのが3回くらいあって、「始まんないよ!」って伊達さんが言っててたのしかった。サンドらしい感じ。ツアー初回だったのでネタはこれからブラッシュアップされてくんだろうなって感じもあった、2回みたら面白いだろうなあ。

間の映像の体力測定も面白かった。40歳のふたりにどのくらいの体力があるかはかってみた、というもの。確かに大人になるとガチで体力測定することなんてないな、と思うと恐ろしい……。わたし今でも恐ろしいよ!って思いながらたくさん笑いました。

f:id:le_beaujapon:20140902231544j:plain
今年もオードリーのお花はなんかちがった

8/9 久石譲&ワールド・ドリーム・オーケストラ 2014

サントリーホールにて。

交響ファンタジー「かぐや姫の物語」は世界初演だったみたいで、映画がすごく好きだったので聴けて本当に嬉しかった。あのお迎えのときの空気読まない感じの明るい曲とか、生で演奏しているところをみるのは不思議な感じでした。色んな場面の曲が全部つながってひとつの流れになってるのは、物語につけた音楽としては普通なのかもしれないけど、すごく新鮮に聞こえて良かった。映画のDVD早く出ないかな。

かぐや姫の物語 [DVD]

かぐや姫の物語 [DVD]

 

その他「風たちぬ」第2組曲とKiki's Delivery Service for Orchestraは日本初演。海の見える街はやっぱりすてきでした。

アンコールで久石さんが「いのちの名前」を弾いてくださったのはすごくすごく良かった……! この方のピアノはなんでこんなに泣きそうになるんだろう。これは数年前のin 武道館のときので歌つきだけど、このときも久石さんのピアノは音が聴いたことない種類だった。


久石譲in武道館 - "いのちの名前" - YouTube

8/16 くまのプーさん

友達に誘ってもらって行った「くまのプーさん展」@松屋銀座8階イベントスクエア。

もう、めちゃくちゃ可愛かった……!! 会場自体も可愛かった!! クラシックプーすきなので、本とかイラストとか展示されてて嬉しかったです。

おみやげいっぱい買いました。一定額以上買うともらえる缶バッジももらった。

f:id:le_beaujapon:20140902233338j:plain f:id:le_beaujapon:20140902233517j:plain

8/21 たりふたSUMMER JAM '14 ―山里関節祭り―

渋谷公会堂で行われた「たりないふたり」のSUMMER JAM。めちゃくちゃ暑い日で、昼間の公演だったので、駅から現地まで歩いて汗だくになった。

今回のライブは舞台のセットがすごくてそれがすごく印象に残ってる……!

あとグッズがかわいかった。うちわ・クリアファイル・メモ帳の3点セット買ってみました。

f:id:le_beaujapon:20140903001043j:plain f:id:le_beaujapon:20140903001056j:plain
ちょっとどうかしてるうちわ

オープニングとトムジ●リみたいな映像とたりふた裁判冒頭陳述が好きでした。が、不思議なことに中身は見事に記憶から抜け落ち……って、そういう約束なんだけど実際もやがかかったみたいにおぼろげだったりして面白い。笑 舞台ってよくそういう感覚になる。夜の部全然違ったみたいなのでDVD楽しみ。

8/31 進化するだまし絵

正式には「だまし絵Ⅱ」なのかな。ずっと「進化するだまし絵展」なのかと思っていた。周りも「進化するだまし絵展行って来た」とか言う人ばっかりだったし……。

f:id:le_beaujapon:20140902234326j:plain

写実以上に写実、みたいなものからエッシャーやマグリッドまで様々だけれど、遊び心が潜んでいる作品はとても好きだ。今回は彫刻みたいなものや日本人の作品も多くて面白かった。どんどん現代に近づくにつれてアートを理解することが難しくなってるような印象を受けるのだけど、だまし絵は「面白がってほしい」っていうのが根底にあるものが多いから、ちゃんと伝わるためのものでそれがいいんだなー、と思いながら歩いた。「だれにも理解されなくていいけどアートなんです!」ってものもまぁアリだとは思うけれど、こうやってたくさんの人が来ているのを見ると、こういうところは糸口かもしれない。道路とかに描かれたやたらリアルな絵とか、ときどにネットに上がって話題になってるけど、やっぱり面白い。

ぐっと来たのは、音声ガイドで聞いたとある作家のエピソードで、「自分の作品から影を消せないかと悪戦苦闘した結果影自体を主役とした作品に辿りついた」ってお話。影ってまず消せないって思っちゃうけどそうじゃなく「悪戦苦闘」できるのってすごいなぁ。
日曜日の昼下がりなんかに行ったので入場規制かかってましたが、まぁこのくらいは混むかなってくらいでした。満足。
個人的には売店に売っていたゲームが気になりました。トリックアートトランプとか。「rocca」ってカードゲーム( http://rocca-game.jp/ )とか。カードだからもちろん平面なんだけど立体を積み重ねてくみたいな感覚みたいで楽しそう。あと「きりふだ」っていう和風デザインの進化した大富豪みたいなのも面白そうだった……。( Welcome to TACO ché - ようこそタコシェへ - » 創作カードゲーム「切札 きりふだ」 )また出会ったら買ってみようかな。
 

 

気づいたらもう涼しくてびっくりしますが、会社でとる夏休みはこれからなのでまだまだ遊びたい、夏。

もう夏じゃないか。夏の終わり。

そんなときはこれですね。

若者のすべて

若者のすべて

なんだかんだ毎年この季節に聴いてる。さて9月もがんばります。